ジャグラー天国!

パチスロジャグラーで勝つための朝一台選びと、マイジャグラー3に関するスペック情報・実践記事を提供しています。マイジャグラー3の設定6据え置き狙い記事が特に大人気です♪パチスロ新基準への規制変更に伴う、6号機ジャグラー最新情報に注目です!

ジャグラーで勝つ方法!

ジャグラーで勝つための考え方!

更新日:

ギャンブルは勝ったり負けたりの繰り返し!

パチスロが好きなのは、今も昔も変わりませんが、ギャンブルは勝ったり負けたりと浮き沈みが激しいものです。
パチンコやパチスロをする人は、誰もが絶対に「勝ちたい!」と思い勝つためにホールに足を踏み入れるはずです。「負けてもいいや!」と思ってギャンブルをする人はほとんど存在しないでしょう。

世の中には、競艇や競輪に競馬などの公営ギャンブルもあります。
宝くじなどもギャンブルの一種でしょう。

競馬が好きな人もいれば、競輪が好きな人もいます。
好きなだけで勝負であるギャンブルに勝つことが出来るのなら、誰も苦労はしないのです。
このようなギャンブルで勝つためには、好きだという概念以上に理論と戦略を練って挑むべきです。

 パチンコ台で勝つための理論!ボーダーラインとは?

私の場合では、今現在パチンコは全く打たなくなりました。
昔は好きな機種や新台入替などの最新機種ばかり打っていましたが、勝つこともあればもちろん負けることもあるわけで、トータル的には結構なマイナスになったりもしたからです。

当時の私も、攻略情報誌を読んでみたり研究をしましたが、根本的にパチンコが好きなだけで空き台があれば座って打ってしまう打ち方だったのです。

パチンコで勝つためには、「ボーダーライン」という言葉があります。
千円で○○回転以上の台を打てば、長い目で見れば絶対に勝てるといったものです。

等価交換であれば、「千円○○回転の台を狙え!」
的な感じでいろいろな機種情報が掲載されていますが、実際にボーダーラインを超える釘調整の遊技台が存在するかというとほぼ無いのが現実です。

そんなボーダーラインを超えるパチンコ機種の台を探すだけでもかなりの労力が必要になります。
新台入替だと聞けば、釘を覗きに行ったりしないといけません。

仮に目ぼしいボーダーラインの遊技台を見つけられなかった場合、打たずに次の店へ移動できるかと言ったらこれまたできないのです。

結果、ボーダーラーンを下回る遊技台を打ち続けることとなり、長い目で見れば当たり前のように負けることになります。

私は、考え悩んだ挙句にパチンコは一切やめると決めたのです。
どうせギャンブルをするのなら、勝てる可能性の広い台で勝負しようと決めたのです。
その始まりが、ジャグラーという完全告知の台だったのです。

 パチンコからジャグラーに転向!

私がジャグラーの実践をして、数年が経過しました。
ジャグラーにおける朝イチの立ち回り方や、高設定イベントの見極め方などいろいろな失敗もしながらなんとか

ジャグラーで勝負できるようになってきました。
機種自体は、非常にシンプルなAタイプの完全告知マシンですが、全国の設置台数が多いのと年配の客に大きな支持を受けているのが、私がジャグラーガールを選んだ理由です。

ホールでの設定状況が厳しくなってきて、イベントの告知など出来なくなってきている現状で勝つためには、自分で考えて理論的に行動するしかないのです。

 ジャグラー設定6などの高設定の据え置き狙いについて!

ジャグラーガールの朝イチの立ち回り方としては、ホールのクセに合わせて動かないといけません。
この店のクセというものは、設定状況が分からないのでとても時間がかかります。
高設定の据え置き狙いか、低設定の上げ狙いの2パターンに分かれます。

個人的に思うことは、低設定の上げ狙いはお勧めできません。
ホールに設置されているジャグラーの機種の大半は、設定2か悪ければ1です。
30台設置されていて15台は設定が低いのは確かです。

その低設定の15台から、高設定の上げを探すのは確率的に結構難しいです。
設定6などの高設定は2台あれば多いくらいなので、下手したら設定6がないことも考えられます。
逆に、ジャグラーの高設定である、設定6や設定5の据え置き狙いはどうでしょうか?

スポンサードリンク

据え置き狙いということは、前日高設定だったことは確実です。
その台が思ったほどメダルを持ち帰っていなければ、設定をそのままに据え置くこともよくあります。
実際に知人のホール店長やパチンコ店関係者に、ジャグラーの設定状況などを聞いたら「高設定で出なかったら据え置く」といった言葉もよく聞きます。

 設定6の据え置き狙いのメリットとは?

私がここ数年、ジャグラーガールの実践などで思うのは、高設定の据え置き狙いが意外と当たるということです。
実際に、据え置き狙いで設定6をツモったことも何回もあります。

ジャグラーの設定6の据え置きでも、4000枚程度は出たりします。
そして、ジャグラーの高設定で爆発した台の据え置きは少ないはずです。

翌日の設定変更値は、2か3が多いみたいです。
理由は、設定6や設定5で爆発した台を設定1に下げてしまうと、反動が大きく設定1でも大爆発してしまうことがよくあるそうです。

高設定の据え置き狙いに失敗しても、設定1は回避できると思ってもいいと思います。
ジャグラーの設定3なら大きく負けはない設定です。
設定2だと、しばらく打っていれば気がつくでしょうし。
ジャグラーで喰う技術1+2&立ち回り検定

三年間のジャグラー実践の大まかな収支!

長い期間と時間をジャグラーの実践に費やした私は、高設定の据え置き狙いをメインにして結果が出ました。
数年間のジャグラーにおけるトータル収支は、大幅なプラスです。

一ヶ月に15から20日程度の稼動で、月に平均すると10万円以上のプラス域に入ります。
この3年間のジャグラーの平均収支で、月に10万円を超えるので自分としては満足しています。

一年に換算すると、200万円には届かないでがそこを目指していきたいところです。
さすがにジャグラーで月に20万円のプラスは、正直キツいです。

 ジャグラーで勝つためにすること!

そして、ジャグラーに関わらずギャンブルで勝つためには毎日の記録をしっかりと残しておくことです。
意外と過去の記録を見たり、投資の金額や台選びの基準をメモっておくと、後からいろいろなことに気がついてきます。

収支のデータやイベントの状況なども細かくメモっておいたほうがいいです。
そのデータを後から見ることによって、反省点や改善点が見えてきます。
携帯電話でメモっておくだけでも十分です。

 パチンコホールはたくさんあるぞ!

そして、一つの店に固執しないことも大きいと思います。
パチンコホールは利益を確保するために、出す時期と出さない時期があります。

出す時期だけを狙って、出さない時期は違うホールで状態のいい店舗に移動するのです。
今の時代は、ひとつのホールで勝負すると結果が出にくい気がします。

イベントなり会員メールなどで情報を集め、判断して選ばないといけません。
常日頃から、情報収集をしておくクセをつけておきましょう。

 高設定が投入されているホールの見つけ方!

店選びの際に、重要なことは
「プロっぽい集団やパチスロプロ的な人が多いホールを狙う」ことです。

このようなホールは、設定のメリハリがキツイですが高設定を毎日必ず複数投入しているので台選びの目利きがあれば充分勝負になります。

店側も集まってきた客を逃がしたくないので、高設定に釣られてくるパチプロを逃さないように連日必ず高設定を入れてきます。
経験上、回収したいときでも高設定の台数が減ることがあっても、一台も高設定を入れないということは少ないはずです。

このようなホールは高設定である設定6や設定5が確実にあるんだからあとは見つけ出してぶん回すだけです。
高設定が投入されないホールも多いので、高設定が必ず置いているのは大きなメリットです。

これは、ジャグラーの実践をするようになってから思ったことでした。
客の少ないホールに、高設定がないのと同じ原理です。

まだまだ書きたいことはありますが、長くなるので後日記事にします。

スポンサードリンク

-ジャグラーで勝つ方法!
-, ,

Copyright© ジャグラー天国! , 2018 All Rights Reserved.