ビルメンテナンス 資格

ビルメン必見!第二種電気工事士の資格手当の金額!

二種電気工事士の資格手当の相場!

二種電気工事士の資格があれば、設備管理のビルメンでも役立ちますし、施工管理や電気工事屋さんなどの仕事に就くことが可能になります。

今の日本の社会では、業種に応じた資格が必要ことが多く、必要資格に対して「資格手当」が支給されるケースが多くなってきています。

私は設備管理であるビルメン業界に長年勤めている経験と情報を元に、二種電気工事士の資格手当について書いてみたいと思います。

 

二種電気工事士の資格手当は月数千円程度?

二種電気工事士の資格手当は、電気工事屋さんか設備管理の仕事かで大きく違ってきます。

国家試験の二種電気工事士の資格手当の金額ですが、毎月1万円貰えることはほぼないと思われます。

多くても8000円程度で少ないと、1000円程度の業種や会社も存在します。

当然ですが、二種電気工事士の資格を持っていても、会社が必要ないと言えば資格手当は1円も出ません。

あくまで二種電気工事士の資格が必要である業種についての話です。

 

電気工事屋の二種電気工事士の資格手当の金額!

電気工事の会社では、電気工事士の資格を取得していないと、電気の工事が出来ないため、働く作業員には必須の資格です。

資格があって初めて仕事ができるといっても過言ではないくらいに、電気工事士の資格が必要な仕事です。

 

資格手当ては、5000円から10000円!

知り合いが電気工事の会社で勤めていますが、この会社での二種電気工事士の資格手当は5000円との事。

一種電気工事士になると、10000円に資格手当が上がるそうですが、5000円は魅力的です。

他の電気工事会社の人にも話を聞いてみましたが、一番多い会社でも7000円でした。

中には2000円という電気工事会社の作業員の方もいましたが、話を聞く限りでは5000円程度が多い様子です。

毎月5000円とすると、年間で6万円の資格手当がもらえる計算になります。

電気工事屋さんは他の資格もたくさん持っているので、必然的に資格手当が低いのかもしれません。

 

電気設備施工管理会社 二種電気工事士の資格手当の金額!

電気設備の施工管理会社といえば、現場監督みたいな存在です。

電気屋さんが工事したところの管理や見積もりなどの様々な対応をする業種です。

 

資格手当ては、2000円程度!

電気設備施工管理会社の二種電気工事士の資格手当の金額は、2000円から3000円といったケースが大半でした。

電気設備施工管理会社では電験3種や一種電気工事士、施工管理技士などの資格の方が重要な為、二種電気工事士の資格手当はおまけみたいなものだと聞きました。

電気設備施工管理会社における二種電気工事士の資格手当は、大体2000円から3000円程度と考えておいたほうが良さそうです。

 

ビルメンの二種電気工事士の資格手当の金額!

私はビルメン会社を3つ渡り歩いていますが、二種電気工事士の資格手当は会社によって全く違います。

500円しか資格手当が付かないビルメン会社もありますし、一番多いところで5000円というビルメン会社もありました。

私が働いた4つの会社では、500円・1500円・3000円・5000円といった感じです。

 

独立系と系列系では、資格手当の金額が大きく違う!

ビルメン会社でも独立系か系列系かによって、資格手当の金額が大きく違うという点です。

 

独立系ビルメンの資格手当ては高い傾向に!

独立系は、毎月の給料の基本給をかなり低く設定しています。

資格手当で個人のやる気をアップさせたりと言った狙いがあるのか、基本給が少ない分、資格手当が高い傾向にあります。

 

系列系ビルメンの資格手当ては、低く抑えられている!

系列系と言われる設備管理会社では、基本給が最初から高額です。

資格手当が極端に低く抑えられている感じがします。他の必要資格の資格手当も同様に低く抑えられています。

系列系では、

「必要資格を持っていて当たり前!」

と言った感じでもあるので、二種電気工事士の資格手当は少ない傾向にあります。

系列系のビルメン会社の求めるものは、結構高いですからね。

 

資格手当て0の系列ビルメン会社もある!

系列系の二種電気工事士の資格手当を聞いたところ、全く出ない0円の会社もありました。

系列ビルメン会社の資格手当ては、平均すると1000円から2000円程度です。

独立系のビルメンも系列系のビルメンも長所と短所があるので、何とも言えません。

 

二種電気工事士の資格手当ては、0円から7000円程度!

結局のところ二種電気工事士の資格手当は、多くても7000円程度だと思っておいてください。

二種電気工事士の資格を取得するのに結構なお金がかかりますが、2年程度で回収できるはずです。

これからビルメンで働こうと思っている人は、資格手当だけでビルメン会社を選んではいけません。

休日数や待遇・現場を良く確認してからビルメンになることをおすすめします。

 

二種電気工事士の実技試験で役立つ工具とは?

第二種電気工事士の試験は、上期と下期に別れて年に2回行われます。二種電気工事士の試験は、筆記試験に合格すると、約1ヶ月後に行われる実技試験(技能試験)を受験して、両方合格して初めて第二種電気工事士の免許が取得できます。

前の記事で書きましたが、二種電気工事士の免許で資格手当が出る職種もあるので、筆記試験に合格したのであれば何としても実技試験に合格して、二種電工の資格を取得しておきたいものです。

二種電気工事士の実技試験の工具の良し悪しが、13課題の作品の仕上がりに大きな影響を与えます。二種電工の実技試験に合格する為には、多少のお金を出してでも、専用の工具を買い揃えるべきだと思います。

 

二種電気工事士の技能試験に使う工具は持参する必要がある!

さすがに誰でも知っているとは思いますが、二種電気工事士の実技試験に使用する工具は自分で用意して、試験会場に持っていかないといけません。圧着ペンチを忘れた!プラスドライバーを忘れた!と言って隣の人に借りるのは不可能です。その時点で退場となり不合格となってしまいます。

二種電気工事士の実技試験で使う工具は、職場や友人から借りて試験に挑む方法と、自分でお金を出して二種電気工事士 実技試験用の工具キットを買い揃えるかの、2パターンしかありません。

今回は、二種電気工事士の実技試験に使える、お金を出してまで購入する価値がある「二種電気工事士(実技試験)用の工具」について、解説をしたいと思います。

 

二種電工の実技試験に使う工具は単品で購入するよりセットで買うべし!

二種電気工事士の実技試験で使う工具を、知り合いや友人・会社などで借りれる人は、足りない工具や使いにくい工具などだけを単品で購入する方が良いですが、実技試験用に一から全ての工具を購入すのであれば、二種電気工事士技能試験用のセットを購入したほうがトータルで安くなりますし、良い工具で実技試験に挑むことができます。

 

おすすめの技能試験用の工具!

私が二種電気工事士の技能試験受験の際に購入したのが、こちらのセットです。

この二種電工の技能試験用のセットは、技能試験の為に作られた工具で、13課題を作るのに最も適した工具となっています。二種電気工事士の実技試験を受ける人の半数は、ホーザンの工具セットを使っています。

正直なところ、二種電気工事士の実技試験の工具はHOZAN 電気工事士技能試験セット S18が、個人的にはオススメです。使った感想としては、買って良かったと思います。

 

二種電工の実技試験に役立つ参考テキスト!

第二種電気工事士の実技試験に向けた、解説テキストも最近では写真が多くなって見やすくなっています。13課題の細かな注意点や複線図の書き方も、分かりやすく丁寧な参考テキストが多い印象です。

二種電工の参考テキストの販売会社の競争が激化しているので、使う側からすれば低価格になりより分かりやすい参考書が多く出回るので、嬉しいことです。

 

おすすめの二種電気工事士実技試験用の参考テキスト!

個人的にオススメな実技試験用の参考テキストですが、下記の参考書がオススメです。

内容もカラーで丁寧に書かれていますし、なんといっても値段が安いのが魅力的です。

二種電工の実技試験は、専用工具のセットや配線キットに試験代とかなりお金が掛かっているはずなので、少しでも安くて分かりやすい参考テキストを選びましょう。

 

第二種電気工事士(実技試験)まとめ!

第二種電気工事士の実技試験(技能試験)は、工具と参考テキストの選び方で、試験の結果にも大きく影響が出る部分もあります。実技試験で使う工具は、ホームセンターや100均ショップで購入するのは、ヤメた方が良いと思います。

実技試験が始まる1ヶ月程度前から、毎日コツコツと練習を積み重ねていけば合格できるはずです。

二種電気工事士の技能試験を受ける人の合格を、心から願っています。

  • この記事を書いた人

ともぞう♪

いつも、たくさんの人に読んで頂きありがとうございます。パチンコ業界の規制内容やパチスロジャグラーの情報を発信しています。コロナで大変な毎日ですが、笑顔で楽しくなれるような記事をお届けします♪

-ビルメンテナンス 資格
-